Home >> 外国著作権法 >> 中華人民共和国編




    第1章 総則

    第1条
     この法律は、憲法に基づき、文学的、美術的および学術的著作物の著作者の著作権並びに著作権に関連する権利を保護し、社会主義の精神的文明および物質的文明の建設に寄与する著作物の創作と普及を奨励し、社会主義の文化および学術の発展と繁栄を促進することを目的として、制定される。

    第2条
    1 中国の国民、法人またはその他の機関の著作物は、公表されているか否かを問わず、この法律に基づき、著作権を享有する。

    2 外国人または無国籍者の著作物は、その著作者が居住する国または恒常的に居住する国と中国とが締結した協定または共に加盟している国際条約に基づき、著作権を享有し、この法律による保護を受ける。

    3 中国国内において最初に公表された外国人または無国籍者の著作物は、この法律に基づき、著作権を享有する。

    4 中国と協定を締結しておらず、若しくは中国と共に国際条約に加盟していない国の著作者または無国籍者の著作物であって、中国が加盟する国際条約の同盟国において最初に公表されるもの、または同盟国および非同盟国において同時に公表されるものは、この法律による保護を受ける。

    第3条
     この法律にいう「著作物」には、次の各号に掲げる形式により創作された文学的、美術的並びに自然科学、社会科学および工学技術などの著作物を含む。

    (1) 文芸の著作物
    (2) 口述の著作物
    (3) 音楽、演劇、曲芸、舞踊、サーカス芸術の著作物
    (4) 美術の著作物、建築の著作物
    (5) 写真の著作物
    (6) 映画の著作物および映画制作に類似する方法により創作された著作物
    (7) 工学設計図、製品設計図、地図、見取図など図形の著作物および模型の著作物
    (8) コンピュータ・ソフトウェア
    (9) 法律および行政規則に定めるその他の著作物

    第4条
    1 法律により出版または頒布が禁止される著作物は、この法律による保護を受けることができない。

    2 著作権者は、その著作権を行使するにあたって、憲法および法律に違反してはならない。また、公共の利益を害してはならない。

    第5条
     この法律は、次の各号に掲げるものには適用されない。

    (1) 法律、規則、国家機関の決議、決定、命令および立法上、行政上または司法上のその他の文書並びにその公定の翻訳物
    (2) 時事報道
    (3) 暦法、汎用の数表、汎用の書式と公式

    第6条
     民間伝承の著作物の著作権を保護する方法は、国務院により別に定められる。

    第7条
     国務院著作権行政管理部局は、全国の著作権に係る管理業務を主管する。各省、自治区および直轄市の人民政府の著作権行政管理部局は、その行政区域における著作権管理業務を主管する。

    第8条
    1 著作権者および著作権に関連する権利の権利者は、著作権の集中管理機構に対して、著作権または著作権に関連する権利の行使を授権することができる。授権を受けた著作権の集中管理機構は、自らの名義により著作権者および著作権に関連する権利の権利者のために権利を主張することができ、かつ、当事者として著作権または著作権に関連する権利に係る訴訟および仲裁の活動を行うことができる。

    2 著作権の集中管理機構は、非営利機構であり、その設立方法、権利義務、著作権許諾使用料の徴収および分配並びにそれに対する監督および管理などについては、国務院が別に規則を定める。




    ページの上部へ戻る