有料出版物

著作権情報センターでは、著作権および著作権法に関連した様々な書籍を出版しています。

ご希望の方は全国の書店またはAmazon.co.jpにてご購入いただくか、FAXにて直接お申込みください。

なお、CRIC会員の方には会員価格で販売しておりますので、専用のFAX申込み用紙をご利用ください。なお、平成26年6月1日より、CRIC会員の方の有料書籍購入に伴う送料については、CRIC負担とさせていただいております。

一般の方⇒FAX(申込書)

CRIC会員の方⇒FAX(申込書)

最も信頼のおけるわが国著作権法の解説書
著作権法逐条講義(六訂新版)

著作権法逐条講義(五訂新版)
アマゾンで買う

加戸守行著 A5判約1070頁 上製箱入
定価15,428円(本体14,286円+税)
会員価格13,885円(本体価格12,857円+税)
2013年8月27日刊

著作権業務に必携の書!

現行著作権法の起草者の手による「著作権法逐条講義」は、昭和49年の初版発行以降9度の改訂を重ね、長年にわたり最も信頼できる著作権法の体系的解説書として、ゆるぎない評価を得ています。

五訂新版発行後7年の間に、著作権法は平成18年、平成21年、そして平成24年の3回にわたる大幅な改正が行われ、著作物利用の円滑を図るための権利制限規定や著作物の違法な流通抑止のための規定などを中心に整備が図られました。六訂新版では、これらに係る条文に詳細な解説を行ったほか、全編にわたって見直しを加えました。
本格的なデジタル・ネットワーク社会を迎え、いまや社会のあらゆる場面で登場するようになった著作権法。

本書は、その研究者、実務者にとって必携の書です。著作権制度を理解するうえで基本となる体系的逐条解説書としてお薦めします。

実務者のための著作権ハンドブック (第九版)

実務者のための著作権ハンドブック (第九版)
アマゾンで買う

著作権法令研究会編著 A5判556頁
定価3,024円(本体2,800円+税)
会員価格2,721円(本体価格2,520円+税)
2014年1月刊

デジタル・ネットワーク時代に必携の書!

著作権に携わるすべての方々へ!
わかりやすい記述と読みやすいレイアウトで、著作権制度のポイントを解説。豊富なQ&Aと各種資料で、幅広いニーズに対応します。

研修会・講義用テキストとしても最適
著作権法入門 2016-2017

著作権法入門 2016-2017
アマゾンで買う

NEW

文化庁編著 A5判416頁
定価2,376円(本体2,200円+税)
会員価格2,138円(本体1,980円+税)
2016年10月刊

著作権法の体系にそって、著作権制度の概要を平易な文章で解説

情報のデジタル化・ネットワーク化が急速に進み、今やすべての人々が社会のあらゆる場面で関わる「著作権」。
本書は、著作権制度をわかりやすく解説するとともに、理解を深める「参考」資料や「トピック」情報を加え、最新の主要な著作権関係法令を収録し、この1冊で著作権制度の全体像を理解できる内容です。
初めて著作権制度を学ぶ方々の入門書として、また研修会や講義用のテキストとしても最適です!

実務者、研究者に必携の書!
著作権関係法令集(平成27年版)

著作権関係法令集(平成25年版)
アマゾンで買う

著作権法令研究会編 B6判約613頁
定価2,700円(本体2,500円+税)
会員価格2,430円(本体価格2,250円+税)
2014年12月刊

2015年1月施行の改正著作権法(電子書籍に対応した出版権の整備、視聴覚的実演条約の実施に伴う規定の整備)に対応した最新の著作権法、施行令、施行規則、文化庁告示等を詳細に収録。
併せて、関係国内法令や条約(一部は原文も掲載)も多数収録した最新版です。
実務者・研究者に必携の書です。

「入門者」から実務者・法律専門家などの「上級者」まで
著作権法講座 第2版 Textbook on Copyright Law

著作権法講座 第2版 Textbook on Copyright Law
アマゾンで買う

在庫切れ

作花文雄著  A5判544頁
定価3,908円(本体3,619円+税)
会員価格3,517円(本体価格3,257円+税)
2008年6月刊

著作権リテラシー"力"を確実にアップするベスト解説書!!

第 I 部のわかりやすい制度解説で「基本となる知識」を理解・整理
第 II 部の様々なケースを想定した「Q&A」で更に理解を深め、活用力を強化します。

そこが知りたい
著作権Q&A100~CRIC著作権相談室から~

著作権Q&A100~CRIC著作権相談室から~
アマゾンで買う

早稲田祐美子著 A5判約250頁
定価2,160円(本体2,000円+税)
会員価格1,944円(本体価格1,800円+税)
2011年3月刊

年間6500件を超える質問から厳選!
あなたの疑問にお答えします!

1996年から開設している「CRIC著作権相談室」に、実際に寄せられた疑問・質問に、最前線で活躍する弁護士がお答えします。ジャンルごとに分類された目次構成で、わかりやすく解説する1冊。各設問に関係する「各種法令や判例」「関係団体・組織一覧」も掲載。

エンタテインメントと著作権――初歩から実践まで――(1)
ライブイベント・ビジネスの著作権

ライブイベント・ビジネスの著作権
アマゾンで買う

福井健策編/福井健策・二関辰郎著  A5判228頁
定価2,484円(本体2,300円+税)
会員価格2,235円(本体価格2,070円+税)
2015年7月刊行

現場のスタッフ・クリエイター・プレイヤー必読!

演劇・ダンス・コンサートビジネスでの著作権、実演家の権利、権利処理の知識がこの一冊で!
ライブ・エンタテインメントの現場に必要な著作権の知識をエンタメ・ロイヤーが解説します

エンタテインメントと著作権――初歩から実践まで――(2)
映画・ゲームビジネスの著作権(第2版)

映画・ゲームビジネスの著作権(第2版)
アマゾンで買う

福井健策編/内藤 篤・升本喜郎著 A5判328頁
定価2,700円(本体2,500円+税)
会員価格2,430円(本体価格2,250円+税)
2015年10月刊

映画・ゲームビジネスの現場に携わるクリエーター・スタッフ必読!

初版から12項目を新たに追加し、アップデート。

著作権と契約の知識がこの一冊で!
映画・ゲーム業界で活躍するクリエーターに必要な著作権の知識、著作権実務に携わるビジネスマンが知っておくべき制作現場の知識をエンタメ・ロイヤーが初歩から実践までわかりやすく解説します。

エンタテインメントと著作権――初歩から実践まで――(3)
音楽ビジネスの著作権(第2版)

音楽ビジネスの著作権
アマゾンで買う

福井健策編/前田哲男・谷口 元著 A5判312頁
定価2,700円(本体2,500円+税)
会員価格2,430円(本体価格2,250円+税)
2016年7月刊

初版発行から8年、激変した音楽業界の最新状況をフォローアップ。

大幅に項目を追加した、音楽ビジネスに欠かせないベストガイド。
音楽ビジネスのしくみと動向、権利処理の最新の知識がこの一冊で!

エンタテインメントと著作権――初歩から実践まで――(4)
出版・マンガビジネスの著作権

出版・マンガビジネスの著作権
アマゾンで買う

福井健策編/桑野雄一郎著 A5判220頁
定価2,468円(本体2,286円+税)
会員価格2,221円(本体価格2,057円+税)
2009年2月刊

現場のスタッフ・クリエーター・プレーヤー必読!

マンガなどの出版ビジネスに不可欠な著作権の知識を網羅した一冊!
出版・マンガビジネスにかかわる著作権がよくわかる!

エンタテインメントと著作権――初歩から実践まで――(5)
インターネットビジネスの著作権とルール

インターネットビジネスの著作権とルール
アマゾンで買う

福井健策編著/池村聡・杉本誠司・増田雅史共著 A5版 272頁
定価2,592円(本体2,400円+税)
会員価格2,332円(本体価格2,160円+税)
2014年7月刊行

あなたのインターネットビジネスをこの一冊で強力に支援!

デジタル・ネットワーク社会の発展は、あらゆる人々が低コストで、世界中の著作物をはじめとする情報にアクセスすること、世界中に情報を発信することを可能にしました。このことにより、知の再創造が活性化し、ソーシャル化やオープン化が爆発的に拡大しています。他方、ネット上での海賊版やプライバシー等の問題は深刻さ・困難さを増し、国境をまたいだ情報の流通にも様々な課題が生じています。

本書は、多様化するインターネットビジネスについて、現場を熟知する弁護士陣と最先端で活躍するビジネスパーソンがタッグを組んで、分野ごとの最新動向と著作権をはじめとする法律やルールの実務や論点をわかりやすく解説しています。各項目は2~4頁におさめ、幅広いトピックについてコンパクトな記述がされています。

著作権制度を知るわが国唯一の著作権大鑑
著作権法百年史

著作権法百年史
※こちらの書籍は直販となります。ご希望の方はFAX(申込書)にて当センターまでお申込みください。

文化庁監修
著作権法100年史編集委員会編著
(B5判、上製箱入り 2100頁)
通史編と資料編の2分冊セット価格54,000円
会員価格51,300円
2000年3月刊

平成11年は、旧著作権法が施行されてから100年にあたり、これを記念して、著作権制度変遷の歴史等を顧み、今後の著作権制度の一層の発展に資することを目的に本書を刊行いたしました。通史編は、著作権制度の歴史を踏まえ、各時代毎の著作権事情を概観し、その概要をとりまとめたものです。資料編は、年表形式で著作権制度上の主要事項等を年次順に取りまとめるとともに、審議会答申等の主要資料から構成されています。

ページの上部へ戻る