著作物の正しい使い方は?

    この「著作権Q&A  著作権って何?(はじめての著作権講座)」のコーナーでは、右の項目について、それぞれまず要旨を説明し、次に「Q&A」の形で、実際の事例にそった解説をします。

    解説

    著作物の利用は手順に従って

    著作権に様々な権利の種類があることは、「著作者にはどんな権利がある?」の章で説明しましたが、著作物を利用する場合は原則として著作権者の許諾が必要です。許諾が必要かどうかは次のような手順に従って調べてください。

    著作物利用の手順

    著作物の利用にあたっては、できるだけ利用の仕方を詳しく説明したうえで、文書で、その利用の仕方、許諾の範囲、使用料の額と支払方法などを確認しておくのが望ましいと考えられます。

    Q&A

    他人の著作物を出版する場合、どのような手続きが必要ですか?
    他人の著作物を利用する場合には、「著作物利用の手順」に従って許諾の必要性を調べた上で、必要ならば著作権者から許諾を得ることになります。出版についても同様ですが、ほかの出版社から別に出版されては困るという事情があるときは、著作権者から独占的な出版の許諾を得たり、出版権の設定を受けることができます。出版権の設定を受けた者は、その出版物を無断で出版した者に対して差止請求や損害賠償請求ができるなど出版の許諾を得ただけの者より安定した地位に立つことができます。
    著作物の利用について不明なことがあるときの問い合わせ先を教えてください。
    著作物を利用する際、具体的な疑問が生じた場合には、法律の専門家にご相談されるか、著作権関係団体に問い合わせされることをお薦めいたします。
    それぞれの連絡先や問合せ時間などについては、当ウェブサイトの「著作権データベース 関係団体・機関リスト」のページをご覧ください。

    ページの上部へ戻る